1. Home > 
  2. CSR情報 > 
  3. 環境への取り組み > 
  4. オフィスの環境活動

オフィスの環境活動

環境に配慮したオフィス施設

akebonoは、グローバルブレーキサプライヤーとしての持続的成長をめざし、2008年、中部オフィスACP(Akebono Central Pier)を竣工しました。地下水を利用した冷房システムを導入し、CO2排出量削減に寄与しています。

また、同年竣工の東京・日本橋の新本店(グローバル本社)ビルには、屋上にソーラーパネルを設置。太陽光発電により、日中はエレベーター3台分の電力をまかなうことができます。トイレの洗浄水には雨水を利用し、年間約1,300トン(雑用水全体使用量の約1割)の節水が可能です。さらに、ビル南面には遮熱性に優れたガラス(Low-Eガラス)を使用するなど、CO2排出量削減を考慮した設備を施しています。

このほかにも、akebonoグループ各拠点では、省エネ・CO2排出量削減のためのさまざまな環境活動を行っています。

写真:中部オフィス

中部オフィス

写真:日本橋・新本店ビルに設置したソーラーパネル

日本橋・新本店ビルに設置した
ソーラーパネル

Ai-Cityが埼玉県「優良大規模事業所(準トップレベル事業所)」に認定

埼玉県羽生市にあるAi-City(本社)はCO2排出量の削減に優れた対策を実施しているとして、埼玉県から「優良大規模事業所(準トップレベル事業所)」に認定され、2017年4月に認定証が交付されました。

埼玉県は事業活動に伴うCO2排出量を削減するため、目標設定型排出量取引制度を2011年度から導入しており、特に優れた取り組みを実施する事業所を「トップレベル事業所」「準トップレベル事業所」に認定しています。

akebonoはかねてから、廃熱や廃温水を利用した発電設備の導入や、太陽光発電による照明の高効率化、ビルエネルギー管理システムによるエネルギーの見える化など省エネ活動に取り組んでいます。持続可能な発展のために、今後もCO2削減への取り組みを実践していきます。

「省エネ大賞 審査委員会特別賞」を受賞

一般財団法人省エネルギーセンター主催(経済産業省後援)の「平成27年度省エネ大賞(省エネ事例部門)」において、「業務用ビルにおけるコージェネレーションシステムの最大限効率的な活用への取組み」が審査委員会特別賞を受賞しました。

「省エネ大賞」は、国内において省エネルギーを推進している事業者および省エネルギー性に優れた製品を開発した事業者の活動を表彰することにより、省エネルギー意識の浸透、省エネルギー製品の普及促進、省エネルギー産業の発展および省エネルギー型社会の構築を実現することを目指しています。今回の受賞では、Ai-City(本社、研究開発拠点)で実施している、以下のような省エネ・創エネの取り組みが評価されました。

  • ガスエンジン発電機と廃ガスボイラーの設置に伴い、蒸気駆動のバイナリー発電機とコンプレッサーを併せて導入し、ガスエンジン発電機からの廃熱(蒸気)をバイナリー発電によって徹底利用することで発電効率の向上を図る
  • 太陽熱温水設備や太陽光発電などの再生エネルギーの活用
  • 屋上遮熱塗料による日射負荷低減
  • BEMS(ビルエネルギー管理システム)を活用したエネルギーの見える化
  • 空調機の高効率化
  • 照明の高効率化

 なお、akebonoでは、これらの取り組みにより、原油換算で1,034キロリットル/年、CO2換算で1,603トン/年のエネルギー使用量削減を実現しています。