1. Home > 
  2. CSR情報 > 
  3. 環境への取り組み > 
  4. オフィスの環境活動

オフィスの環境活動

環境に配慮したオフィス施設

akebonoは、グローバルブレーキサプライヤーとしての持続的成長をめざし、2008年、中部オフィスACP(Akebono Central Pier)を竣工。地下水を利用した冷房システムを導入し、CO2排出量削減に寄与しています。

また、同年竣工の東京・日本橋の新本店(グローバル本社)ビルには、屋上にソーラーパネルを設置。太陽光発電により、日中はエレベーター3台分の電力をまかなうことができます。トイレの洗浄水には雨水を利用し、年間約1,300トン(雑用水全体使用量の約1割)の節水が可能です。さらに、ビル南面には遮熱性に優れたガラス(Low-Eガラス)を使用するなど、CO2排出量削減を考慮した設備を施しています。

このほかにも、akebonoグループ各拠点では、省エネ・CO2排出量削減のためのさまざまな環境活動を行っています。

写真:中部オフィス

中部オフィス

写真:日本橋・新本店ビルに設置したソーラーパネル

日本橋・新本店ビルに設置した
ソーラーパネル

Ai-Cityが埼玉県優良大規模事業所の「第一区分」に認定

akebonoは、温室効果ガス削減に向けた埼玉県の目標設定型排出量取引制度で、2013年度より「優良大規模事業所」の「第一区分:準トップレベル事業所」にAi-Cityが認定されました。akebonoは、地球環境問題を経営の最重要課題のひとつと捉え、地球規模の環境保全に努め、CO2 排出量削減、産廃物リサイクル、省エネルギー・省資源などに考慮した環境効率性の高い事業活動を展開しています。2011年4月の「優良大規模事業所認定制度」施行以来、2012年度は「工場」として「第二区分」での認定を受けましたが、2013年度は、より審査の厳しい「オフィス」の「第一区分」で認定されました。埼玉県内561事業所のうち、「第一区分」としての認定は、akebonoのみで、制度開始以前から優れた省エネ対策を進めてきたこと、その先進的管理体制・設備整備・運用管理が高く評価されました。

コージェネ大賞の優秀賞を受賞

一般財団法人コージェネレーション・エネルギー高度利用センターが主催する「平成25年度 コージェネ大賞」の産業用部門において、Ai-Cityが優秀賞を受賞しました。当大賞は、新規性・先導性、新規技術、省エネルギー性において優れたコージェネレーションシステムを表彰するものです。民生、産業、技術開発の3部門に合計37件の応募があり、15件が受賞し単独での受賞はakebonoを含め4社のみでした。 

発電設備による電力ピークカット貢献に加え、発生する排熱の有効利用として蒸気を再利用するという省エネルギーへの取り組みが評価され、今回の受賞につながりました。

写真:中部オフィス

屋上散水
井戸水を利用したスプリンクラーによる散水。打ち水の原理で室内の温度上昇を防ぎます。

写真:日本橋・新本店ビルに設置したソーラーパネル

緑のカーテン
食堂の壁面にゴーヤやヘチマを植え、緑のカーテンに。太陽光を遮断するほか、植物の蒸散作用によって室温上昇を抑制し、冷房使用の削減につなげます。

写真:日本橋・新本店ビルに設置したソーラーパネル

優良大規模事業所認定証
トップレベル認定をめざし、これからもさらなるエネルギー効率の向上に取り組みます。

「省エネ大賞 審査委員会特別賞」を受賞

一般財団法人省エネルギーセンター主催(経済産業省後援)の「省エネ大賞(省エネ事例部門)」において、「業務用ビルにおけるコージェネレーションシステムの最大限効率的な活用への取組み」が審査委員会特別賞を受賞しました。

「省エネ大賞」は、国内において省エネルギーを推進している事業者および省エネルギー性に優れた製品を開発した事業者の活動を表彰することにより、省エネルギー意識の浸透、省エネルギー製品の普及促進、省エネルギー産業の発展および省エネルギー型社会の構築を実現することを目指しています。今回の受賞では、Ai-City(本社、研究開発拠点)で実施している、以下のような省エネ・創エネの取り組みが評価されました。

  • ガスエンジン発電機と廃ガスボイラーの設置に伴い、蒸気駆動のバイナリー発電機とコンプレッサーを併せて導入し、ガスエンジン発電機からの廃熱(蒸気)をバイナリー発電によって徹底利用することで発電効率の向上を図る
  • 太陽熱温水設備や太陽光発電などの再生エネルギーの活用
  • 屋上遮熱塗料による日射負荷低減
  • BEMS(ビルエネルギー管理システム)を活用したエネルギーの見える化
  • 空調機の高効率化
  • 照明の高効率化

 なお、akebonoでは、これらの取り組みにより、原油換算で1,034キロリットル/年、CO2換算で1,603トン/年のエネルギー使用量削減を実現しています。