1. Home > 
  2. CSR情報 > 
  3. マネジメント・システム > 
  4. 税務コンプライアンスに対する取り組み

税務コンプライアンスに対する取り組み

akebonoグループの税務コンプライアンスに対する取り組みについて

akebonoグループ(曙ブレーキ工業株式会社及び全世界にある曙ブレーキ工業株式会社のグループ会社のすべてを示す。以下、「akebono」という。)ではコンプライアンスを「『法令遵守』に限らず社会のルールやマナー、企業倫理や常識など、私たちが仕事をし、生活していく上で守るべきことに従って、社会人としての良識と責任をもって行動をしていくこと」と定めております。akebonoグループでは、税務コンプライアンスの維持・向上のために、以下の方針を設けています。

1.租税負担の適正化

akebonoは、税務コンプライアンスを遵守し、法令等の規定及びその趣旨に基づき税務処理を行います。

2.税務リスクへの対応

akebonoは、法令等の解釈、コンプライアンスの欠如等から発生するリスクの管理・モニタリング等の適切な対応を行うことにより、税務リスクを管理する方針です。また、必要に応じて各国の外部専門家等にアドバイスを求め、税務問題が各国の経済や社会に悪影響を及ぼすことのないように努めます。

3.税務当局との関係

akebonoは各国の税務当局とのコミュニケーションを通じて当局と良好な関係を維持するように努めます。また、各国の法令等に従って適時に税務申告・納付を行い、税務当局からの求めに応じて説明・対応に努めます。また、税務調査において問題点などの指摘を受けた場合には、税務当局の見解に対する異議申し立て等を行う場合を除き、速やかに問題点の原因を究明し、適切な是正及び改善措置を講じ再発防止に努めます。

4.BEPS対応

akebonoは、OECDによるBEPS報告書の内容を理解し、また、BEPS報告内容に基づく各国の法令等を理解して税務コンプライアンスの遵守に努めます。特に、移転価格税制については、各国の法令等に基づき文書化を行い、状況に応じて事前確認制度(APA)の申請・取得を行います。