地域社会とともに

akebonoは、地域の皆様への日頃の感謝とともに、akebonoグループの事業への理解を深めていただくため、積極的に地域社会への貢献活動を進めています。

「曙の理念」のもと、社会の一員として社員一人ひとりが小さな一歩から始めることを基本に、今後も活動を継続・拡大していきます。

地域社会との交流

インドネシアにおけるCSRへの取り組み

PT. Akebono Brake Astra Indonesia(AAIJ)は、地域の方々の生活向上や次世代を担う人財の育成、雇用創出などに貢献するため、継続的な支援や寄付活動に取り組み、地域社会に支持される会社づくりを進めています。

<主な取り組み>
・洪水による被害を防止・軽減するための河川清掃活動
・文房具の寄付
・社員による献血

  • 河川清掃

    河川清掃

  • 文房具の寄付

    文房具の寄付

  • 社員による献血

    社員による献血

フランス共和国レジオン・ドヌール勲章オフィシエを受章

2015年3月、社長の信元がフランス共和国より、レジオン・ドヌール勲章オフィシエを授与されました。この勲章は、1802年に創設され、さまざまな分野における「卓越した功績」を表彰するものです。

akebonoは、1985年に現地法人を設立、1995年に研究開発センターを開設、1998年に摩擦材の生産拠点を設立し、2013年にはファウンデーションブレーキの研究開発センターを設立しました。 

このようなフランスでの取り組みにより、フランス地域経済の発展と研究開発プロジェクト投資先としてのフランスのイメージ向上に大きく貢献したことなどが評価されました。