1. Home > 
  2. CSR情報 > 
  3. ステークホルダーとのつながり > 
  4. 地域社会とともに > 
  5. 就職進学(保専生)制度

地域社会とともに

将来を担う学生を支援する「就職進学制度」

akebonoでは、働きながら短期大学の保育課第二部(夜間課程)や栄養専門学校に通い、3年間で幼稚園教諭二種免許状、保育士資格や栄養士資格が取得できる就職進学制度を1965年から実施しています。本制度を利用する学生をakebonoでは「保専生」と呼んでいます。

就職進学制度は、現在は福島製造でのみ実施されています。保専生は、寮で共同生活を送りながら、交代勤務に就き、学業と仕事を両立させています。その給与から学費を支払うことにより、自分の力で学校を卒業し、資格を取得することができます。資格取得後は、akebono以外の企業や幼稚園、保育所などに就職します。

50年以上にわたって継続されているこの就職進学制度を利用した卒業生は3,000人を超え、親子2代で制度を利用した方もいます。

福島製造敷地内には1971年に建設された保専生を支援するための桃苑寮(とうえんりょう)と呼ばれる寮があります。老朽化のため2015年度に建屋を新築し、2016年3月に竣工式を実施しました。新しい建屋には、学業と仕事の両立がしやすいよう、さまざまな工夫が施されています。

akebonoはこの就職進学制度を通じて、保専生を中心とした地域住民とのつながりを大切にするとともに、若者の将来の夢の実現を支援していきます。

写真:桃苑寮_1階内装_エントランスから見たもの

新築された桃苑寮