1. Home > 
  2. 株主・投資家の皆様へ > 
  3. コーポレート・ガバナンス > 
  4. 株主・投資家の皆様との建設的な対話に向けての方針

株主・投資家の皆様との建設的な対話に向けての方針

目的

当社は、「コーポレートガバナンス・コード」の精神・趣旨に則り、株主・投資家との建設的な対話を通して、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に資することを目的として本方針を定める。

基本姿勢

  • 1.当社は、株主平等の原則に則り、当社経営方針、財務状況、事業活動状況などの企業情報を、株主・投資家に対し適時適切かつ積極的に開示する。
  • 2.当社は、株主・投資家との対話を通して得た意見を定期的に取締役会にフィードバックする。
  • 3.当社は、株主・投資家からの取締役および執行役員との直接的な対話の申込みに対して、合理的な範囲内で積極的に対応する。

株主・投資家との対話のための体制の整備

当社は、株主・投資家との積極的な対話を推進することを目的に、代表取締役を最高責任者とし、CFOを最高実務責任者とした広報・IR室を設置する。
取締役会は、株主・投資家との対話が適切に行われるよう、その運用状況を監督する。

広報・IR室の役割

  • 1.広報・IR室は、株主・投資家との対話の充実に向け、積極的なIR活動を企画・実施する。
  • 2.広報・IR室は、日常的に経営企画、経理、総務・法務、営業、生産などの各部門と情報交換や有機的な連携を通して、IR活動にあたる。
  • 3.広報・IR室は、「インサイダー取引に関する社内規定」に従い、インサイダー情報の適切な管理に努める。また、IR活動時においては、常に2人以上で対応し、インサイダー情報の漏洩を未然に防止する。
  • 4.広報・IR室は、IR活動を通じて得た株主・投資家からの意見や懸念などを適宜、取締役および執行役員に報告するとともに、必要に応じて社内の関連部署にフィードバックする。
  • 5.広報・IR室は、株主判明調査やIR活動時におけるヒアリングなどを通して、当社の株主構造の把握に努める。
  • IRメール配信