かんたん設置傾斜計(発光型)(Light Emitting Inclination Sensor (LEIS)/Pocket)|インフラ(土木・建築)用|センサー製品|製品|製品・技術|曙ブレーキ工業株式会社
  1. Home > 
  2. 製品・技術 > 
  3. 製品 > 
  4. センサー製品 > 
  5. インフラ(土木・建築)用 > 
  6. かんたん設置傾斜計(発光型)(Light Emitting Inclination Sensor (LEIS)/Pocket)

製品・技術 メニュー

かんたん設置傾斜計
(発光型)
(Light Emitting Inclination Sensor (LEIS)/Pocket)

かんたん設置傾斜計

かんたん設置傾斜計(発光型)は、加速度センサーで構造物の傾斜を計測し、光で表示する装置です。

工事現場の柱や壁に設置した姿勢を初期値として、加速度センサーにより構造物の傾斜変化を計測し、危険度を緑・黄・赤の光で報せます。構造物が傾斜すると表示色が変化するため、作業者は自分の安全を自分で確認することができます。 小型軽量タイプのかんたん設置傾斜計は、電源ケーブルが不要で簡単・手軽に設置することができ、また、傾斜計の上下が光るため、作業者は設置場所の上下どちらにいても表示色を見ることができます。

かんたん設置傾斜計は、神戸大学を中心に展開している「対象物に生じる変化を視覚で確認する」という「OSV(On Site Visualization)」の概念に基づいて開発されました。社会の安全・安心を確保するため、社会基盤を始めとする様々な構造物を合理的に監視することは重要ですが、従来は、監視する手法や装置は存在するものの、コスト、人材不足などの理由からすべての場所でモニタリングすることが難しい状況にありました。これを克服する概念が「OSV」です。対象物に生じる変化を「いつでも誰にでも見える」状態とすることで、作業者は自分の安全を自分で確認することができます。

  • かんたん設置傾斜計、設置例

    設置例

  • かんたん設置傾斜計、緑色の光:安全

    緑色の光:安全
    (閾値1未満)

  • かんたん設置傾斜計、黄色の光:注意

    黄色の光:注意
    (閾値1以上、 閾値2未満)

  • かんたん設置傾斜計、赤色の光:避難

    赤色の光:避難
    (閾値2以上)

仕様

項目 仕様
計測範囲 ±0.3(deg)*1
設置姿勢範囲 垂直方向±30(deg)*2
分解能 0.01(deg)
精度 ±0.1(deg)
閾値設定 2設定*3
計測軸方向 2軸(X-Yの合成ベクトル)
表示更新周期 60秒
電源 CR123A 2本(6V)
LED発光色 3色
使用温度範囲 0~60℃、95%RH以下(内部の結露なきこと)
連続駆動日数 7日*4
防水性 IPX5
  • *1 : 閾値で設定できる最大範囲を示します。
  • *2 : LEIS/Pocketを設置するときの姿勢角度です。計測角度ではありません。
  • *3 : 閾値1=0.1~1.5(deg)、閾値2=0.1~1.5(deg)、閾値2の判定は閾値1+閾値2の角度になります。
  • *4 : 外気温により電池容量が変化するため表示期間より短くなることがあります。

関連コンテンツ

AKEBONO MOTORSPORTS CHALLENGE
akebonoをご紹介します
AKEBONO REPORT 2015
用語集