1. Home > 
  2. 製品・技術 > 
  3. 技術 > 
  4. 生産技術

生産技術

夢をカタチにする生産技術

akebonoの技術開発を支えているのが生産技術です。
安全、高品質、低コストを常に念頭に置き、同時に、製造過程でCO2排出量を削減することも、生産技術開発の大きなテーマとしています。

モノづくりの原点 APS

APSとは

APSとは、Akebono Production System の略で、一言でいえば「永遠のムダとり」であり、akebonoの全てのモノづくりの原点となっています。

APSの役割

必要なときに必要なものを必要なだけつくるジャストインタイムの仕組みづくり。工場におけるレイアウトやモノの流し方。どこに何を配置したらより効率的にムダなく製造できるか、これらを追求することがAPSの大事な役割です。

APSを浸透させるための人づくり

写真:APS道場

モノづくりセンター内にあるAPS道場では、
体を動かす研修で、モノづくりにおける
「ムダとり」を学びます

APSは同時に、Akebono Philosophy & Spirit の意味もあり、ひとつの管理手法、分析手法でもあり、考え方そのものでもあります。
APSがめざすものは、モノづくりの哲学をさまざまな部署と共有することです。
akebonoは、モノづくりの考え方として、APSを浸透させていくことを継続して取り組んでおり、APSを体感して学ぶことができるAPS道場などを通して、現場で考えて実施できる人づくりを行っています。

モノづくりセンター

モノづくりセンターとは

モノづくりセンターは「モノづくりの原理・原則」を、誰でも・いつでも・短期間で自ら学び体験し、仲間づくりを行う場です。オペレーターを中心に、モノづくりの「現場を強くできる」人財育成の一端を担っています。海外拠点に「akebono のモノづくりの良さ」「日本のモノづくりの良さ」を発信するためグローバル化への対応も開始しました。

社員だけでなく、お取引先様、お客様の見学・体験を受け入れ

akebonoのモノづくりセンターは、社員はもちろん、お取引先様、お客様の体験や見学も広く受け入れており、毎年多くの方々が「akebonoのモノづくりの考え方」を体験しています。

写真:摩擦材道場

製造工程の基本を学ぶ「摩擦材道場」

写真:研修終了者

研修終了者は、2,000名を超えました
(2012年4月末現在)

写真:APS道場

標準作業を理解する「APS道場」

写真:加工道場

原理を体験・体感する「加工道場」

モノづくりセンターでは、上記3つの道場の他にも「安全道場」「保全道場」「環境道場」「品質道場」が開設されています。