Skip to content(本文へジャンプ)

社員紹介

  • 財務経理
  • 加藤 拓Taku Kato
  • 2007年入社
  • 出身学部・学科 経済学部 経済学科

加藤拓

※本サイトの掲載部署名、取材内容は取材当時のものです。

現在の業務内容

akebonoは世界13カ国で事業を展開していますが、そのうちアメリカ・メキシコ・欧州・中国の子会社の連結決算業務を担当しています。

具体的には、海外子会社から貸借対照表・損益計算書などの決算に必要な情報を収集し、akebonoグループとして一つにまとめ、投資家などに対して決算状況の開示を行っています。

業務を通して様々な国の人々と関わるので、国ごとの会計ルールや文化、国民性の違いが感じられて面白いです。

akebonoのココを変えたい

「自分の仕事にかかっているコストが分からない」「自分の業務がどのように利益につながるのか分からない」という声を聞くことがあります。会社である以上利益やキャッシュを生むことが大事なので、社内の数字を見えるようにし、稼げる会社にしていきたいです。そのために、経理として社内外に正確かつ的確な情報を発信していきます。

自分自身が将来目指す姿

「経理のことなら加藤に聞け」と言われるような、社内外において信頼される人間になりたいです。

経理は地味なデスクワークというイメージがありますが、社内の調整役としての機能も求められるので、人と人、部署と部署をつなぐ潤滑剤でありたいと常に考えています。

キャリアステップ

就職活動中の学生のみなさんへメッセージ

就職活動はチャンス

就職活動は大変だと思いますが、様々な企業の人と話して色んな考え方を知る絶好のチャンスです。私自身も就職活動では何度も挫けそうになりましたが、今となっては面接で落とされたことも、汗を拭いながら会社を渡り歩いたこともいい思い出です。

akebonoは長い歴史があり、ブレーキ一筋で技術を研きあげてきた会社ですが、「まだまだ成長できる」会社だと思いますので、akebonoに魅力を感じていただけたなら嬉しいです。

最後になりましたが、就職活動の大変さに挫けずに精一杯頑張って、自分に合った素敵な会社を見つけてください。

社員一覧

  • すべての社員
  • 事務系社員
  • 技術系社員
  • 森田 剛旭
  • 奥田 真央
  • 小林 風彦
  • 中村 奏美
  • 西山 努
  • 石坂 昂央
  • 中山 恵介
  • 嶋 隼一
  • 神保 友美
  • 布藤 俊介
  • 高屋敷 駿
  • 中澤 陽子
  • 駒水 豪
  • 加藤 拓
  • 金 蘭

ENTRY

  • リクナビ2020
  • キャリタス就活2020