Skip to content(本文へジャンプ)

社員紹介

  • 生産技術
  • 高屋敷 駿Suguru Takayashiki
  • 2013年入社
  • 出身学部・学科 工学研究科 金型・鋳造工学専攻

高屋敷駿

※本サイトの掲載部署名、取材内容は取材当時のものです。

現在の業務内容

欧州向け自動車に装着されるハイパフォーマンスブレーキキャリパーの鋳造設備開発に携わっています。品質・コスト・作業性(自動化)の全てを追求し続け、それを具現化していく仕事です。

akebonoで働く魅力は、ブレーキ専門メーカーだからこそ、一つの技術をより深いところまで追求し、ブレーキの機能及びブレーキの「つくり」のエキスパートとして最高峰の環境下で仕事ができるところにあると思います。

akebonoのココを変えたい

社内の人を見て仕事をするのではなく、お客様(エンドユーザーや自動車メーカー)や地域社会を見据え、「仕事の目的」から物事を判断して仕事をするようにしたいと思っています。つい目の前のことに目が行きがちになりますが、お客様までの全工程、そして5年後、10年後を考えた上で今何をするべきかを考えて仕事をしていきたいです。

自分自身が将来目指す姿

世界トップの製品を造るために、業界トップの技術力をakebono内で構築していきたいです。その為に、常に理想の姿を意識し、現状との差(課題)を見逃さず、ひとつひとつ着実に進歩していきたいです。そして私自身がブレーキエキスパートになることを目指します。

キャリアステップ

就職活動中の学生のみなさんへメッセージ

「まずは行動してみる。」

akebonoは「挑戦」することを大切にしている会社です。失敗を恐れ、悩み、何も進まないことほどムダなことはありません。もちろん理論を持って行動することは大切です。

しかし、モノづくりにはまだまだ解らないことが多くあるのも事実です。「まずは行動してみる。」その結果が良くなかったとしても、それが一つの事実であり会社にとっても貴重なノウハウになります。akebonoは「チャレンジ&成長できる」会社であり、そんな環境で仕事をしているため、毎日が新しい発見と勉強で本当に面白いです。

社員一覧

  • すべての社員
  • 事務系社員
  • 技術系社員
  • 森田 剛旭
  • 奥田 真央
  • 小林 風彦
  • 中村 奏美
  • 西山 努
  • 石坂 昂央
  • 中山 恵介
  • 嶋 隼一
  • 神保 友美
  • 布藤 俊介
  • 高屋敷 駿
  • 中澤 陽子
  • 駒水 豪
  • 加藤 拓
  • 金 蘭

ENTRY

  • リクナビ2020
  • キャリタス就活2020