Skip to content(本文へジャンプ)

女性の活躍 akebonoで活躍する女性社員

野本 亜岐

  • 自動車営業3部 営業2課 課長
  • 野本 亜岐 Aki Nomoto 2003年入社

経歴

入社後、製造拠点(岩槻製造)の生産管理部に配属。 その後、入社3年目で北米に海外赴任。
北米駐在を2年間経験した後、 帰国後は自動車メーカーの営業担当として活躍中。

入社後の配属部署は生産管理

クルマ好きなので自動車関連の企業で働きたいと思い就職活動しました。akebonoを選んだのは、独立系の部品メーカーであり、さまざまな自動車メーカーの開発に携われると思ったからです。

入社後、最初に配属されたのは「生産管理」です。工場勤務に、はじめは戸惑いもありましたが、製造現場での経験や人脈は、今でも非常に大きな財産になっています。

入社3年目で2年間の海外駐在を経験

入社3年目で海外赴任が決まり北米に2年間駐在しました。海外赴任が決まった当初は、英語も苦手で海外志向も強くなかったので、海外で仕事することに大きな不安を感じていました。けれども、語学研修など会社からのサポートがあり、何事も経験という前向きな気持ちで、海外赴任を決意しました。

海外では自ら積極的に意見しないと認めてもらえません。英語が話せることは大事ですが、「仕事を覚え、自分の担当業務を相手に深く語れること」がとても重要だと実感しました。

個性を受入れる懐の深い会社

akebonoは個性を受入れてくれる会社だと思っています。さまざまな文化・背景を持った社員が働いているというのもありますが、人と違うことを否定せずに受入れてくれる懐の深さがあります。

現在は部下を持ち仕事をするようになりました。プレーヤーとしてだけでなく、マネジメントでも一流になれるよう努力したい、目指すは星野仙一さんです!

ワークライフバランスの重要性

akebonoはワークライフバランスを重要に考えていますが、社会人になると、学生のように好きなことだけ!という訳にはいきません。私の場合、工場勤務、海外赴任……どれも予想外の出来事でしたが、さまざまな壁を乗り越えてきたことが今の自分を支えてる。

仕事していると、良いことや嬉しいことだけじゃなく、嫌なこと、辛いこと、意図しないことがさまざま起こります。何が起こっても前向きに捉えチャレンジできるように、心にスペースを空けておけば、大抵の出来事は自分の心の中に吸収できると思います。

今井 美紗子

  • 先行開発グループ 制御開発 スタッフエンジニア
  • 今井 美紗子 Misako Imai 2001年入社

経歴

入社後、センサー開発部門に配属。
電気・電子の知識を学び専門性の幅が広がった。この経験をいかし、2012年から電動ブレーキ開発部門にて活躍。※現在は育児休職中

電動パーキングブレーキを量産することが目標

乗り物やロボットが昔から好きで、なかでも、自動車は身近な存在だったので興味を持っていました。自動車は約2万点もの部品で構成されていますが、特にブレーキはクルマの安全や快適性を左右する最も重要な部品だと考えていました。akebonoはブレーキキャリパー(機構)だけ、ブレーキパッド(摩擦材)だけでなく、ブレーキ全体の開発を行っているので、ブレーキ全体を作ることに携わることができると思い入社を決めました。

入社後、センサー開発部に配属になり、横滑り防止制御用のセンサー開発に携わりました。大学では機械制御工学を学んでいましたが、電気回路や電子技術は会社に入ってから上司に教えてもらいながら学びました。開発全般~品質管理のサポートまで経験でき、生産の担当者の方から直接開発製品の作りやすさの指摘をもらえたことは、開発者としての糧となりました。現在は、電動パーキングブレーキの開発に携わっており、「電動パーキングブレーキを量産すること!」を目標に取組んでいます。やはり、製造業ですので自分の携わった製品が量産車として目の前を走る姿は、ワクワクしますね。特に、見えにくいところにつく製品なので、「皆、知らないでしょ~」って、ちょっと心の中で優越感があります。

ダイバーシティ推進室メンバーとしても活躍

2015年6月から女性メンバーを主体にダイバーシティ推進室が発足し、開発業務と兼務で活動しています。ダイバーシティとは「多様性」。いろいろな個性を持った人たちがお互いに尊重し合い、協力し合うことが必要だと考えています。まずは第一歩として、女性をモデルケースとして、ダイバーシティの研修や検討を進めています。特に女性のライフスタイルは多様でありモデルにすることで、会社全体として働きやすい環境になると考えています。akebonoが更なる活躍を遂げるため、よりよい職場作りに励んでいきます。

チャレンジさせてくれる会社

色々なことにチャレンジできる面白い会社だと思います。特に若手は、年齢に関係なく様々なことにチャレンジできる場面が多くあります。私も入社2年目でワークアウトという全社プロジェクトに声をかけていただき、実際に参加した経験があります。このプロジェクトは、仕事場以外で会社の理念に従った改善活動を行なうプロジェクトで、やりがいを持って取り組めただけでなく、社内のコミュニティが広がったのですごくいい経験になりました。また、Formula 1などのモータスポーツに関わるチャンスもあります。

私はモータースポーツ関連の仕事には携わっていませんが、世界に誇れる素晴らしい技術があり、世界トップレベルの技術を競う場所で働いている同僚がいることが刺激にもなりますし、誇りを持って仕事に取り組むことができています。

チャンスはしっかりものにする

若い頃はどうしても遠慮がちになってしましますが、チャンスがあれば一歩踏み出す勇気も必要だと思います。 私が幹部職に昇進する際、上司の方に『運も実力のうち。チャンスがあれば受入れ、そのチャンスで与えられた役に対して実力の足りない部分を見つけ、学んで補う気持ちが大切だ。』と後押しして頂きました。この言葉がとても印象的で、今は常に心がけるように努力しています。「チャンス」はどこに落ちているかわかりません。常にアンテナを張り、見つけたチャンスをしっかり掴めるようにどんなことにもチャレンジして欲しいと思います。

ENTRY

  • マイナビ2019
  • キャリタス就活2019