1. Home > 
  2. CSR情報 > 
  3. E:環境 > 
  4. オフィスの環境活動

オフィスの環境活動

環境に配慮したオフィス設備

コージェネレーションシステムの一部であるガスエンジン発電機

コージェネレーションシステムの一部
であるガスエンジン発電機

akebonoは、グローバルブレーキサプライヤーとしての持続的成長をめざし、各拠点においてソーラーパネルの設置や屋根へ断熱塗装を施すなど、省エネ・CO2排出量削減のための環境負荷低減活動を行っています。

また、2011年の東日本震災後に、BCMの観点から本社機能を有する埼玉県羽生市のAi-Cityにおいて大規模なガスエンジン発電機(都市ガスを燃料とする発電機)を導入しました。Ai-City敷地内の電力はすべてこの発電機による電力で賄い、余剰電力は売電しています。都市ガスは、燃料の中でもCO2の排出量が少ないため、温暖化対策に大きく貢献します。2014年には、さらなる発電効率の向上とCO2排出の低減を目的として、ガスエンジン発電機の廃熱を再利用した「コージェネレーションシステム」を完成。現在では、年間約900tのCO2削減を行うとともにBCMに活かしています。

Ai-City(本社)のCO2排出量削減実績

図:Ai-CityのCO2削減実績

※2018年度は酷暑による空調稼働率アップと生産増により、一時的に減少

お問い合わせ
  • ※グループ企業の正式名称は企業情報のグループ情報に掲載しています。