Skip to content(本文へジャンプ)

社員紹介

  • 経理部 主計課
  • 加藤 拓Taku Kato
  • 2007年入社
  • 出身学部・学科 経済学部 経済学科

加藤拓

※本サイトの掲載部署名、取材内容は取材当時のものです。

現在の業務内容

akebonoグループの連結決算及び開示業務を担当しています。

具体的には、国内・海外の子会社から損益計算書や貸借対照表などの財務諸表や事業活動に関わる様々な情報を収集し、akebonoグループ全体の経営成績や財務状況が分かるように一つにまとめます。それを有価証券報告書や決算短信などの形式で投資家等のステークホルダーに対して開示しています。

akebonoは年齢に関係なく若いうちから責任ある業務に携わるチャンスがあるので、やりがいがあります。

akebonoのココを変えたい

akebonoは変革期の真っ只中ですが、変化のスピードは遅いと感じます。

会社も人も同じですが、変わり続ける社会の中で必要とされ続けるためには、常に新しい知識を取り入れて自分自身をアップデートし続けないと生き残れません。現状維持は退化と同じだという危機感を一人ひとりが持つことが大切だと思います。

また、若手もベテランも関係なく自分の意見を言いやすい風土、上意下達ではなくフラットな組織に変えていきたいと考えています。

自分自身が将来目指す姿

入社から現在まで培ってきた会計のスキルを軸にして、社内だけでなく社外、海外でも通用する人間でありたいと思っています。会計ルールは国によって多少の違いはありますが基本的な考え方は万国共通なので、スキルを身に着ければ海外で活躍するチャンスは大きい職種だと思います。

あとは仕事だけでなく家族との時間を大切にし、家庭でも職場でも充実した時間を過ごしたいです。

キャリアステップ

就職活動中の学生の皆さんへメッセージ

就職活動はチャンス

学生のうちは自分は何がやりたいのか、何が得意なのか分からないという方もたくさんいらっしゃると思います。私もそうでしたが、会社に入ってから自分はこれがやりたいと思えるものを見つけました。就職活動は様々な企業の方と話して多様な考え方を知る絶好のチャンスです。辛いこともたくさんありますがぜひ挫けずに最後まで頑張って、自分がやりたいこと、自分に合う素敵な会社を見つけてください。

社員一覧

  • すべての社員
  • 事務系社員
  • 技術系社員
  • 小林 風彦
  • 杉原 諒一
  • 中村 奏美
  • 西山 努
  • 嶋 隼一
  • 神保 友美
  • 大西 佑亮
  • 清水 翔太
  • 駒水 豪
  • 村山 貴之
  • 中澤 陽子
  • 金 蘭
  • 加藤 拓