Skip to content(本文へジャンプ)

社員紹介

  • 開発(摩擦材適用)
  • 大西 佑亮Yusuke Onishi
  • 2014年入社
  • 出身学部・学科 生命科学研究科 生命科学専攻

大西 佑亮

※本サイトの掲載部署名、取材内容は取材当時のものです。

現在の業務内容

現在自動車メーカー(OEMビジネス)向け環境対応型ブレーキパッドの量産適用を担当しています。私の開発した摩擦材が新車組付用のブレーキとしてお客様に採用され、現在はその摩擦材が使われたブレーキパッドを実際の車両に適用し量産化するというフェーズにきています。適用量産化の中で生じるこれまで見えなかった課題を解決し、お客様の車両立ち上げのスケジュールに合うように製品を量産化させるのが現在の仕事です。

「akebonoは生まれ変わろうとする会社」

akebonoは事業再生ADR手続を実施し、事業再生に向けて全力で取り組まないといけない状況です。ただ、そうなってしまった状況を反省し、それを変えていきたいと思う人が少しずつ増えてきていると感じています。もちろん、私もその中の一人です。若い間に会社の変革を自身が体験でき、しかも改革プロジェクトのメンバーの一人として活動させていただいているのは非常に貴重な経験であると思っています。

akebonoのココを変えたい

「受託型から提案型開発へ」

akebonoは、かつてはAD型ディスクブレーキを世界で初めて開発するなど、お客様からこういうのが欲しかったんだよと言っていただけるような製品の開発ができていました。しかし、最近はそのような製品の開発があまりできていません。そのような提案型開発を行うためには、今一度開発の進め方自体も見直し、変えていかなければならないと感じていますし、実際に変えていきたいです。

自分自身が将来目指す姿

私は、akebono という会社組織を通じてより大きな「安全と安心」を社会に提供できる人財になりたいです。

私が今まで行ってきた仕事は、私がいないと上手くいかなかっただろうという自負があります。しかし、当たり前ですが、自分一人だけでは絶対に達成できませんでした。会社というのは組織として様々な人が協力することで、個人では到底できないような大きな価値を社会に提供できます。akebonoがより大きな価値を社会に提供するために、私がエンジニアとして新たな製品を創りだしていくだけでなく、社員皆の努力がより大きなシナジーを発揮できるような仕組みまでも創っていきたいです。

キャリアステップ

就職活動中の学生の皆さんへメッセージ

時間、目標、今何をやるべきかを意識して

今までいろいろなプロジェクトを担当しましたが、一番の制約は時間が足りないことでした。しかし時間が足りないからこそ、今何をやれば時間を無駄にしないで目標に近づけるかを意識しなければならず、その結果としてプロジェクトが上手くいったことが多かったように思います。

それはビジネスだけでなく、人生を豊かにしてくれる考え方でもあるとも思います。限られた人生の中で、何になりたいのか、そして今何をするべきなのか。それらを考え、日々過ごすことができれば、皆さんの人生はより充実したものになると思います。

なりたい理想に、akebonoを通じて近づけると感じていただけるのであれば、ぜひakebonoにきてください。

社員一覧

  • すべての社員
  • 事務系社員
  • 技術系社員
  • ワン グレース
  • 小林 風彦
  • 杉原 諒一
  • 中村 奏美
  • 西山 努
  • 嶋 隼一
  • 神保 友美
  • 大西 佑亮
  • 相沢 健人
  • 清水 翔太
  • 駒水 豪
  • 村山 貴之
  • 中澤 陽子
  • 金 蘭
  • 加藤 拓

ENTRY