キーワードで見るakebono

高性能ブレーキから低コストブレーキまで、 将来に向けた技術の差別化への取り組み

 akebonoは2002年より、ブレーキのエキスパートを目指し、さまざまなカテゴリーのモータースポーツにブレーキを供給してきました。

 2007年からはマクラーレンチームのオフィシャルサプライヤーとして世界最高峰のモータースポーツであるF1に参戦。2014年には契約の強化を発表し、『テクノロジーパートナー』としてブレーキ技術の開発と精錬を重ねています。F1用ブレーキ供給の経験は、当社の高性能ブレーキの開発に活用されています。F1における高い技術力が評価され、2011年にはマクラーレンの12C GT3レースカー専用のブレーキを供給。2013年からはマクラーレンの次世代超高性能ロードカー「McLaren P1™」へもブレーキの供給を行っています。akebonoは今後もこれらの技術と経験を活かし、高性能ブレーキビジネスの拡大を図っていきます。

 また、急激に伸びている新興国市場向けとして、小型化、低コスト製品の開発が必要とされています。これらの製品は先進国においても需要が増しており、akebonoでは、製品の二極化に対応するべく、更なる技術開発に取り組んでいます。


PAGE TOP
  • PAGE TOP
BACK
NEXT