曙の理念

曙の理念

 1999年、akebonoが進むべき道を示す指針として『曙の理念』を制定しました。この理念は、事業運営や環境保全、社会貢献を含む、akebonoのあらゆる企業活動の社会的責任を実現するビジョンです。この理念では、akebonoのコア技術を「摩擦と振動、その制御と解析」と定め、「ひとつひとつのいのち」には、人間だけでなく、草木に至るまで、地球上のあらゆる生物、ひいては地球環境そのものもいのちのひとつとみなし、それらを守り、育み続けていくために、健全な経営の下で企業価値を創出していくことを定めています。

 これを実現するための姿勢・行動規範として「akebono21世紀宣言」を、短・中期的な方針としてブレーキ事業を通じ社会にどのような価値を提供していくのかを「ブランドステートメント」に定め、コーポレートブランド経営を推進しています。


PAGE TOP
  • PAGE TOP
BACK
NEXT