Skip to content(本文へジャンプ)

働く環境

サポート制度

  • えるぼし認定

    2016年4月1日、女性活躍推進法に基づく「基準適合一般事業主」として、認定(愛称:えるぼし認定)され、当社は同制度において最高認定段階の認定を受けました。

  • くるみん

    2016年10月、子育てサポート企業として今回で3回目となる次世代育成支援認定マーク「くるみん」を取得しました。

全社員対象 ※一部間接系社員のみ対象のものを含む

年次有給休暇

1年ごと、毎年一定の日数が付与。
4月1日入社の場合、7月1日:14日、翌年4月1日:18日、翌々年4月1日:19日、それ以降:20日。

※2020年度の有給休暇平均取得日数:17.0日

リフレッシュ休暇

10年以上の勤続者に、10年ごと、有給休暇とは別にリフレッシュ休暇を付与。
10年:5日、20年:7日、30年:10日、40年:10日

フレックスタイム制

コアタイムなし、1日の労働時間は4時間以上12時間まで。
また、利用時間帯は6時15分~22時00分とする。

在宅勤務

労働時間の全部または一部について、原則自宅で勤務する。
働き方の選択肢として、所属長が認める者に対象範囲を拡大。

兼業

社員の主体的なキャリア形成のサポート、また働き方の選択肢として、
本業の正常な勤務に影響を与えない範囲での副業を認めています。

出産、育児をする社員対象

育児休職

子が満3歳の3月に達するまで取得可能(分割取得も可能)。

※「育児休職支援金」を共済会より毎月一定額支給。
※「育児休職制度」は法定基準を上回る制度を整備しています。

育児休職制度

子の看護休暇

小学校6年生までの子を看護するための休暇を年5日間、
2人以上の子を看護する場合には10日間取得可能。

※負傷または疾病にかかった子の看護または予防接種・健康診断を受けさせるため、有給休暇とは別に取得可能。

育児短時間勤務

小学校6年生まで、1日の所定労働時間を2時間までに短縮する制度。

育児短時間勤務

各年度内の育児短時間勤務利用者数(継続者含む)

事業所内保育所

本社地区内に「あけぼの保育園」を設置。対象は0歳~2歳の子。

  • 「あけぼの保育園」 外観 「あけぼの保育園」 外観

  • 「あけぼの保育園」 内観 「あけぼの保育園」 内観

育児情報交換会

育児休職中及び妊娠中の社員が参加。近況や会社のトピックスを共有するなどしスムーズな職場復帰をサポート。

介護をする社員対象

介護休職

原則として、2年を限度とする。
ただし、対象家族1人につき2年に達するまでの間で本人の申し出により延長及び短縮可能。

介護休暇

年間につき1人を介護する場合は5日間、2人以上を介護する場合には10日間を限度として、介護休暇を取得可能。

介護短時間勤務

対象家族1人1回あたり通算して3年を限度に勤務時間の短縮等を行う。