1. Home > 
  2. CSR情報 > 
  3. G:ガバナンス > 
  4. 役員報酬

役員報酬

取締役の報酬等の決定に関する方針

akebonoでは役員報酬決定の基本方針を下記のように定めています。

  1. 優秀人財の確保と啓発
  2.   
  3. 企業業績と企業価値の持続的な向上の動機づけ
  4.   
  5. 公正かつ合理性の高い水準

社外取締役を除く取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬体系は、基本報酬(固定枠)と業績連動報酬から構成され、社外取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬は固定報酬のみで構成されます。なお、報酬割合について、業績連動報酬の最高額は基本報酬の100%とし、その内訳は短期業績連動報酬40%(金銭)、中期業績連動報酬20%(新株予約権)、長期業績連動報酬40%(新株予約権)としております。基本報酬は役位、職責に応じた月例の固定報酬としております。具体的な額については、当社と同程度の事業規模や関連する業種・業態に属する企業をベンチマークとする報酬水準等を総合的に勘案して、取締役会にて決定します。

業績連動報酬は前年度の会社業績及び個人業績により決定し、会社業績については、前年度の連結純利益(親会社株主に帰属する当期純利益)、連結営業利益の目標達成度及びEVAにより評価するものとします。

取締役(監査等委員である取締役を除く。)の個人別の報酬等の内容についての決定方法に関しては、役員報酬諮問委員会へ諮問し、当委員会の答申を得たうえで、取締役会において決定します。

また、監査等委員である取締役の報酬は、固定報酬のみで構成されます。各人への配分は、監査等委員である取締役の協議によって決定します。

取締役の報酬

会社法、金融商品取引法、企業内容の開示に関する内閣府令等、関係法令の定めに従って、開示を行うことを基本とし、事業報告では取締役の報酬等の総額及び種類別の総額を開示し、有価証券報告書においては、事業報告での開示内容に加え、報酬総額が1億円以上の者について個別開示を行っています。

[取締役の報酬]※取締役の人数:6名
1.報酬総額: 101百万円
2.固定報酬(金銭): 101百万円(限度額: 300百万円)
3.業績連動報酬総額: - 百万円
1)短期業績連動報酬(金銭): -百万円(限度額: 120百万円)
2)中期業績連動報酬(新株予約権): - 百万円(限度額: 60百万円)
3)長期業績連動報酬(新株予約権): - 百万円(限度額: 120百万円)
なお社外取締役の報酬は、固定報酬のみで構成されています。

[報酬が1億円以上の者の有無]
前事業年度における取締役報酬の総額が1億円以上の該当者はいません。

※上記の支給人員には2020年7月30日開催の第119回定時株主総会終結の時をもって退任した取締役1名を含んでいます。なお、当事業年度末現在の人員は取締役5名です。
※上記の限度額は当該事業年度の限度額です。2021年6月24日開催の第120回定時株主総会において、監査等委員会設置会社への移行後の取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬限度額は、固定報酬200百万円、短期業績連動報酬80百万円、中期業績連動報酬40百万円、長期業績連動報酬80百万円、監査等委員である取締役の報酬限度額は、100百万円と承認いただいております。