1. Home > 
  2. 株主・投資家の皆様へ > 
  3. 財務・業績 > 
  4. 連結財務パフォーマンス

連結財務パフォーマンスExcelダウンロード

※akebonoグループは、日本会計基準を採用しています。

資産、負債および純資産の状況(2021年3月期)

(資産)
当期末の資産は1,326億円と前期末比163億円の減少となりました。
流動資産は700億円と前期末比101億円の減少となりました。これは主に、新型コロナウイルス感染症の影響による売上高の減少などにより売上債権が50億円減少したことに加え、米国の生産2拠点の閉鎖に関連する支出などにより現金及び預金が31億円減少したことによるものです。固定資産は627億円と前期末比62億円の減少となりました。これは主に、株価の上昇により退職給付に係る資産が27億円増加した一方で、北米セグメントでの固定資産の減損損失の計上や生産2拠点の閉鎖による売廃却などにより、有形固定資産が95億円減少したことによるものです。

(負債)
当期末の負債は900億円と前期末比51億円の減少となりました。
流動負債は313億円と前期末比43億円の減少となりました。これは主に、売上債権の減少にともない仕入債務が30億円減少したことに加え、米国2拠点の閉鎖に関連する支出などによりリース債務が27億円減少したことによるものです。固定負債は587億円と前期末比8億円の減少となりました。これは主に、繰延税金負債が11億円増加した一方で、長期借入金が13億円、リース債務が7億円減少したことなどによるものです。なお、有利子負債残高は、前期末の540億円から当期末は489億円と50億円減少しております。

(純資産)
当期末の純資産は426億円と前期末比112億円の減少となりました。これは主に、株価の上昇により退職給付に係る調整累計額が20億円増加した一方で、親会社株主に帰属する当期純損失119億円を計上したことによるものです。

(注)2021年3月期:

(1)北米・中国・タイ・インドネシア:2020年1月~2020年12月
(2)日本・欧州:2020年4月~2021年3月