1. Home > 
  2. サステナビリティ > 
  3. S:社会 > 
  4. 地域社会とともに > 
  5. あけぼの保育園 「Ai-Kids」

サステナビリティ メニュー

地域社会とともに

あけぼの保育園 「Ai-Kids」

あけぼの保育園 「Ai-Kids」外観

あけぼの保育園 「Ai-Kids」外観

akebonoは、2018年4月に働き方改革の一環および社員の福利厚生の充実、地域社会への貢献を目的として、事業所内保育所「Ai-Kids」を埼玉県羽生市Ai-City(本社)内に設立しました。園児の保護者の中には、地域の他企業に勤務する方々もおり、今後もさらなる地域社会への貢献を目指してまいります。

Ai-Kidsでは、一人ひとりの子どもの生活リズムに合わせて、丁寧な保育を行う「育児担当制保育」を導入しています。また、保護者が安心して気持ちよく働ける環境の提供を目指し、保護者支援にも力を入れています。

「Ai-Kids」の保育理念

Ai-Kidsでは、保育理念を「子どもたちとご家族・保育者が共に育てあう、“共育(ともそだて)”を大切に取り組みます」とし、①「仕事と育児の両立」、②「人財の定着」、③「従業員満足度・企業イメージ向上」、④「男性社員の育児に対する意識改革」を目指して運営をしています。

子ども一人ひとりの生活に合わせた「育児担当制保育」の導入

育児担当制保育は、子ども一人ひとりに担当の保育士を付け、信頼関係や愛着関係を構築していきます。いつもお世話をする大人に対して、子どもが困りごとや感情を伝えられる関係を築くことができるため、子どもの内面の発達と情緒の安定につながります。

また、一斉にごはんを食べ、トイレに行き、その後にお昼寝をする、といったような一斉の保育は行わず、それぞれの子どもの生活リズムに合わせたプログラムを組んでいます。園内には「遊ぶ」「食べる」「寝る」ことをそれぞれ同時に行うことができる別々の空間が必要となるため、室内面積を広くとった設計をしています。

保護者支援

Ai-Kidsでは、おむつを園で用意し、おむつゴミ処理も園で行っています。また、寝具、タオル、ガーゼ、よだれかけなども園で用意しており、保護者の負担軽減による保護者支援に努めています。

卒園式を開催

園児みんなで記念撮影