1. Home > 
  2. CSR情報 > 
  3. S:社会 > 
  4. 地域社会とともに > 
  5. 地域に根ざした雇用と人づくり

地域社会とともに

akebonoは、地域の皆様への日頃の感謝とともに、akebonoグループの事業への理解を深めていただくため、積極的に地域社会への貢献活動を進めています。

「曙の理念」のもと、社会の一員として社員一人ひとりが小さな一歩から始めることを基本に、今後も活動を継続・拡大していきます。

地域に根ざした雇用と人づくり

会社・工場見学の受け入れ

小学生のAi-City見学の様子

小学生のAi-City見学の様子

各地で地元の小・中学校、企業などの会社・工場見学を積極的に受け入れ、交流を図っています。

2019年度は、社会科見学の一環として埼玉県の小中学校4校、全220名以上のAi‐City(本社)見学を受け入れました。

会社説明、Ai-Museum(ブレーキ博物館)やブレーキ技術教育巡回車両の見学、モノづくりセンターでの体験を通してakebonoとその製品への理解を深めてもらうとともに、安全意識の向上に努めています。

2020年度は新型コロナウイルス感染防止のため、受け入れを停止しておりますが、状況が落ち着いた後には、国内のみならず、海外も含めた企業や地域の方々と一緒に学び、成長していくことができるような取り組みを継続して進めていきます。

各製造拠点においても地域社会への貢献とコミュニケーションの強化を目指し、工場見学会(2019年度 10件 141名、2020年度 3件 59名)、清掃ボランティア活動(2019年度 6回 138名、2020年度 2回 21名)、緑化活動(2019年度 3回 28名、2020年度 2回 21名)を行っています。今後も、新型コロナウイルスの感染拡大が収束した後には、積極的に展開してまいります。

埼玉県より障害者雇用優良事業所に認定

埼玉県障害者雇用優良事業所の認定証

埼玉県障害者雇用優良事業所の認定証

あけぼの123は、埼玉県より障害者雇用優良事業所として2007年から継続して認定されています。この表彰は、障がい者の雇用の促進と職業の安定を図るため、障がい者を積極的に多数雇用された事業所や永年にわたり障がい者の雇用の促進と職業の安定に貢献した団体または個人を表彰するものです。

あけぼの123の社員が優秀勤労障害者賞を受賞

2020年9月、埼玉県知事公館にて、「埼玉県障害者・高年齢者雇用優良事業所等表彰式」が行われ、あけぼの123社員が埼玉県知事表彰「優秀勤労障害者賞」を受賞しました。

また、公益社団法人埼玉県雇用開発協会会長表彰「優秀勤労障害者賞」を2名が受賞。同賞は、長年にわたり模範的な職業人として職場の同僚などからも信頼されている社員が表彰されました。

同日、障害者雇用月間ポスター原画の部において、あけぼの123の社員が高齢・障害・求職者雇用支援機構より4年連続で理事長奨励賞を受賞しました。

お問い合わせ
  • ※グループ企業の正式名称は企業情報のグループ情報に掲載しています。