1. Home > 
  2. CSR情報 > 
  3. G:ガバナンス > 
  4. コーポレート・ガバナンス体制

コーポレート・ガバナンス体制

コーポレート・ガバナンス体制図

コーポレート・ガバナンス体制の概要

akebonoは、会社法の規定する株主総会、取締役会、監査役会に加え、重要な経営課題について十分な事前審議を経るなど経営の効率化の仕組みを構築するため、経営会議、執行役員会などの重要会議体を設置しています。また、取締役会の機能を補完し、経営の透明性・健全性を強化するため、任意の機関として役員指名諮問委員会及び役員報酬諮問委員会を設置しています。

取締役会

取締役会は、法令、定款及び「取締役会規則」その他の社内規定に従い、重要事項を決定するとともに、職務執行を監督します。代表取締役社長が議長を務め、当社の業務内容に精通する社内取締役3名と技術分野の専門知識を有する社外取締役1名により取締役会を構成することで、経営の監視体制を整備しています。
取締役会には代表取締役を含む取締役と監査役の全員が出席し、原則月1回の定例取締役会を開催するほか、必要に応じて適宜開催しています。

監査役会

監査役会は、「監査役会規則」等に則り、取締役の職務執行の適正性を監査します。常勤監査役が議長を務め、元経理部長と元法務知的財産部長・開発出身者で当社の業務に精通する社内監査役2名と、弁護士や大学教授、公認会計士を経験した独立性の高い社外監査役3名により監査役会を構成することで、専門的見地からより独立した立場からの監査体制を確保し、経営に対する監督機能の強化を図っています。
原則月1回の定例監査役会を開催するほか、必要に応じて適宜開催しています。

経営会議

経営会議は、重要な経営方針に関する事項、経営方針に基づく経営計画の審議、その他取締役会に付議される重要事項のうち事前審議を必要とする事項を審議し、決定又は承認します。ただし、経営会議において決定としたものは、取締役会に上程し、承認をとるものとします。
議長は社長が指名する者がこれにあたり、副社長以上の執行役員をもって経営会議を構成し、常勤監査役は出席して意見を述べることができます。原則として月1回以上開催するほか、必要に応じて適宜開催しています。

執行役員会

執行役員会は、「執行役員規定」の定めに基づく執行役員の担当業務の執行状況についての報告及び説明、取締役会において承認された事項の執行役員内での共有及び業務執行にあたって必要となる事項の協議及び確認、経営に関する重要事項に係る情報の共有及び、取締役会又は経営会議で承認された事項の進捗報告を行います。
議長は会長が指名する者がこれにあたり、代表取締役、執行役員全員及び議長の指名する者をもって構成し、監査役は出席して意見を述べることができます。原則毎月1回以上開催するほか、必要に応じて適宜開催しています。

役員指名諮問委員会

役員指名諮問委員会は、社外を含む取締役・監査役及び執行役員の選任基準の策定や候補者の指名、ならびに最高経営責任者等の後継候補者の選定・育成計画についての適切な審議及び取締役会への答申を行います。
委員会は社内取締役3名、社外取締役1名及び社外有識者2名の合計6名で構成されており、委員長は委員の互選で決定します。原則半期に1度開催するほか、必要に応じて適宜開催しています。

役員報酬諮問委員会

役員報酬諮問委員会は、取締役(執行役員含む)の報酬体系、報酬水準、報酬決定のプロセス(評価基準・配分含む)等の設定検証及び取締役会への答申を行います。
委員会は社内取締役3名、社外取締役1名及び社外有識者2名の合計6名で構成されており、委員長は委員の互選で決定します。原則半期に1度開催するほか、必要に応じて適宜開催しています。

コーポレート・ガバナンス体制の概要

組織形態 監査役会設置会社
執行役員制度
定款上の取締役の任期 2年
取締役会の議長 代表取締役会長兼社長
取締役の人数 4名
うち社外取締役の人数 1名
社外取締役のうち独立役員に指定されている人数 1名
監査役の人数 5名
うち社外監査役の人数 3名
社外監査役のうち独立役員に指定されている人数 3名
取締役会の諮問機関(任意) 役員指名諮問委員会、役員報酬諮問委員会
会計監査人 有限責任監査法人トーマツ

監査役、会計監査人、内部監査部門の連携状況

監査役及び監査役会は、会計監査人から監査内容について、適宜、説明を受けるとともに、必要に応じて会計監査人の監査に立ち会うなど連携を行っています。また、監査体制、監査計画、監査実施状況について、会計監査人と定期的にミーティングを実施しています。
監査役と監査部は、それぞれの監査の実効性を高めるため、相互補完体制として、年度活動方針の事前調整、月次報告会、監査報告書の相互配布、及び合同監査などの連携を行っています。また、監査部と会計監査人は、財務報告に係る内部統制の評価に関する監査計画と結果について、定期的及び必要に応じて随時ミーティングを実施しています。

現状のコーポレート・ガバナンス体制を選択している理由

akebonoは、企業理念を、『私達は、「摩擦と振動、その制御と解析」により、ひとつひとつのいのちを守り、育み、支え続けて行きます。』と定めています。この企業理念の下、経営方針である「お客様第一」、「技術の再構築」、「グローバルネットワークの確立」に基づき、モノづくりを通じた新たな価値の創出と、企業価値・株主価値のさらなる向上を目指すと共に、重要保安部品メーカーとして、お客様、株主様、お取引先様、社員、地域社会を含むすべてのステークホルダーと、健全で良好な関係を維持・促進し、持続可能な成長、発展を遂げていくことが重要だと考えています。
akebonoでは、これらのビジョンの実現を目指す上で、コーポレート・ガバナンスの強化を最重要課題の一つと認識しており、監査役会設置会社がふさわしい形態と判断し、取締役会と監査役・監査役会を中心としたコーポレート・ガバナンス体制を構築しています。
取締役会は、法令、定款及び「取締役会規則」その他社内規定に従い、重要事項を決定するとともに、職務執行を監督しますが、取締役4名のうち1名を様々な経験・スキルを有する社外取締役とすることで経営の監視機能を強化しています。
監査役会は、「監査役会規則」等に則り、取締役の職務執行の適正性を監査しますが、監査役5名のうち3名を社外監査役にすることで、より独立した立場からの監査体制を確保し、経営に対する監督機能の強化を図っています。

→役員報酬

お問い合わせ
  • ※グループ企業の正式名称は企業情報のグループ情報に掲載しています。