1. Home > 
  2. CSR情報 > 
  3. 環境への取り組み > 
  4. 生産段階での取り組み

生産段階での取り組み

CO2排出量の削減

akebonoは、2007年より省エネルギー・CO2削減プロジェクトを推進しており、各拠点でのCO2排出量削減につながる施設内の設備改善や省エネルギー活動を行っています。

2015年度のCO2排出量(グローバル)は263,200t-CO2で前年度比1.0%減で目標(1%以上減)を達成しました。

CO2排出量と売上高あたりのCO2排出量の推移(グローバル)

図:CO2排出量と売上高あたりのCO2排出量の推移
  • * 2011年より北米拠点AEC、ABCを集計範囲に追加しています。

水の使用量の削減

akebonoは、水資源の使用量低減に向けた管理の重要性から、水資源使用量の把握と、その低減に向けた活動を重要なテーマとしています。資源の有効活用に加え、水道水のくみ上げや浄化処理などに使用する動力で発生するCO2排出量の削減にも貢献します。

水使用の抑制や再使用化、さらに水量の管理や厨房、生活用水の適正化を行い、使用量の削減を進め、今後も積極的な削減活動を継続するとともに、排水量の削減に取り組み、環境負荷の低減に努めます。

グローバル水資源使用量推移

図:グローバル水資源使用量推移

ゼロエミッションの継続・向上

akebonoは、廃棄物ゼロの実現に向けたゼロエミッションを推進し、2004年度までに国内主要拠点において、産業廃棄物埋め立てゼロを達成しています。国内で進めてきたゼロエミッション(定義:直接埋め立てゼロ、単純焼却ゼロ)は、曙ブレーキ山陽製造が2006年3月に、曙ブレーキ岩槻製造が2007年2月に達成したことにより、全拠点で完了しました。

akebonoは今後も循環型社会の形成に貢献できるよう、リサイクルによる資源の有効活用や、廃棄物の処理コストの削減および処理方法の効率化を探究していきます。また、併せてゼロエミッションの基本である、Reduce(減らす)、Reuse(再利用)、Recycle(再資源化)をさらに進め、ゼロエミッションのレベルアップを図っていきます。

2010年度から開始した外部委託による廃砂のセメント原料化など、環境負荷の少ない処理方法でゼロエミッションを継続しています。

2015年度排出物の内訳(国内主要拠点)

図:2015年度排出物の内訳

2015年度国内主要拠点の排出物の発生量とリサイクル率

図:2015年度国内主要拠点の排出物の発生量とリサイクル率
  • 2007年度に直接埋め立てゼロを達成し継続中

国内主要拠点の排出物の総発生量とリサイクル率

図:国内主要拠点の排出物の総発生量とリサイクル率
  • * 総発生量には有価金属等の有価物を含みます。
  • * 2009年度から館林鋳造所を集計に加え、8拠点の数値データを記載しています。

からくりプロジェクト

図面を見ながらエネルギー効率について再確認

からくりプロジェクトとは、akebonoの生産設備に「無動力(動力のない、少ない)」と「ながら動作(1駆動で多動)」を盛り込んで、省エネルギーや設備故障削減、設備投資削減につなげるプロジェクトのことです。からくりとは日本古来の伝統芸能で、茶運び人形のように人形や道具をぜんまい、ばね、歯車、水などを応用して自動的に操り動かす「しかけ」のことです。頭で考える「想像力」と創り出す「創造力」両方が生産技術にとって必要で、配合の設備を造るなら原材料を、塗装の設備なら塗料の性質や特性を把握した上で設備を考える必要があります。

さらにそこに「からくり」、つまり1駆動で他動作を入れ込むことは、将来を見据えた革命的な生産設備になります。現実を見ると、からくりの難しいところは、からくりの段変えが難しく、多種類の似ている部品を見分けるところに問題があります。部品の標準化・共通化が鍵となり、共通化が進むと「からくり」もやりやすくなります。また、工程作業の動作でも、標準化・共通化・効率化が必要で、現場で「からくり」を推し進める同志、人財も不可欠です。

今後、からくり技術を入れ込んだ省エネ設備を初めは国内に、次にグローバル展開していきます。