1. Home > 
  2. 株主・投資家の皆様へ > 
  3. 経営方針 > 
  4. ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

1.基本方針

当社は、株主・投資家、お客様、地域社会を始めとするあらゆるステークホルダーの皆様に当社を正しく、またより深く知っていただき、当社の企業価値を正当に評価していただくために、当グループに関する情報の公平・公正かつタイムリーな公開に努めてまいります。また、情報公開を通してステークホルダーの皆様から頂くご意見等につきましては、会社経営の参考として社内で活用させていただきます。

2.ディスクロージャーの基準

当社では、会社法、金融商品取引法等関係諸法令及び東京証券取引所の定める適時開示規則(以下「適時開示規則」)に沿ってディスクロージャーを行っています。
適時開示規則では、投資判断に影響を与える決定事項、発生事実、決算に関する情報が発生した場合、東京証券取引所から照会があった場合、既に開示した重要な会社情報の内容について重大な変更、中止等が行われた場合に適時開示を求めております。 また、当社では、会社説明会での発表内容等適時開示規則に該当しない情報についても、投資家の需要に応えるべくできるだけ積極的かつ的確に開示する方針を持っております。

3.情報開示の方法

  • (1)適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所の提供する適時開示情報開示システム(TDnet)にて公開しています。TDnetにて公開した情報は、当社ウェブサイトに速やかに掲載することとしています。尚、ツールやシステムの準備の都合上、これら情報の当社ウェブサイトへの掲載が、TDnetにおける公開時期より大きく遅れることもあります。
  • (2)会社法、金融商品取引法等関係諸法令 および 適時開示規則に該当しない情報を開示するにあたっても、適時開示の趣旨を踏まえて適切な方法によりできるだけ正確かつ公平に当該情報が一般の投資家に伝達されるよう配慮しています。

4.適時開示体制

当社は「akebonoグローバル行動規範」及び「akebonoグローバル行動基準」において、ステークホルダーに対し、当社の財務内容や事業活動状況等の経営情報を積極的かつ公正に開示することを指針としています。
これに基づき、当社は、適時開示に関する業務を行う部署は、開示義務が生じる可能性のある当社及び子会社の情報を定期的に収集し、収集した情報について、東京証券取引所が定める諸規則や金融商品取引法・会社法をはじめとする関係諸法令、諸規則、ガイドライン等に基づき開示判断を行っています。また、これらの部署はお互いに連絡を取り合い協力し、かつ、社内の関連部署、社外アドバイザー等と連携することにより迅速で適切な開示を行うよう努めています。
当社の各部署及び子会社は、開示が必要とされる、あるいはその可能性がある事実が発生した場合には、直ちに適時開示に関する業務を行う部署に連絡し、必要となる情報の提供を行います。
開示を行うに際しては、会社代表者への報告その他社内で必要とされる手続きを経て、遅滞なく東京証券取引所に開示を行います。

適時開示体制の概要図

5.将来の見通しに関して

当社では、通期業績予想に加え、当社の経営戦略に基づく施策や中長期の業績予想等、当社の将来に関する見通しを適時、的確、適正、公正、公平に開示し、また当社ウェブサイトなどを通じて投資者の皆様に積極的に情報を提供しております。
また、ニュースリリース、当社の発行する書面、ウェブサイト記載内容、決算説明会などのIR説明会等における質疑応答には現在の計画、見通し、戦略などが含まれる場合があります。
いずれの場合におきましても、業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいた予測であり、実際の業績は当社グループをとりまく経営環境の変化、市場の動向、為替の変動等の様々な要因によりこれらの記述とは大きく異なる結果となる可能性がありますことをご承知おきください。

6.当社ウェブサイトの位置付け

当社ウェブサイトは、インターネット上で当社の情報を閲覧されたい方々を対象に開かれています。公平な情報開示のために、情報の公開後はできるかで速やかに当該情報を当社ウェブサイトに掲載していますが、さまざまな要因により掲載時期が遅れることもあるため、当社ウェブサイトにおける情報開示は、あくまで補助的なものとして位置付けています。
また、当社ウェブサイトでは、他の方法で開示された情報をより理解しやすい形に変換している場合があります。
当社ウェブサイトの閲覧にあたりましては、これらを十分にご理解いただいた上でのご利用をお願いいたします。

7.IR自粛期間について

当社では、重要な会社情報の漏えいを防ぎ、公平性を確保するため、原則として決算発表前4週間をIR自粛期間としています。この期間中は、決算に関連するコメントや質問への回答を控えております。なお、既に公表されている情報に関する問い合わせについては、この限りではありません。

8.IR活動のスポークスパーソン

情報の正確性および開示の公平性を確保するために、当社が行う主要なIR活動は、代表取締役、IR担当取締役、およびIR担当者をスポークスパーソンとして行います。原則、スポークスパーソン以外の役員・従業員が証券市場関係者・メディアに単独で会社情報の提供を行うことはいたしませんが、スポークスパーソンは、必要に応じて、他の役員や従業員に委任することがあります。

9.その他

当社ウェブサイト上での当社情報の検索にあたりましては、本ディスクロージャーポリシーのみではなく、別途掲載しているご利用規約、その他の注記も合わせてご参照ください。

以上

  • IRメール配信