1. Home > 
  2. 株主・投資家の皆様へ > 
  3. 財務・業績 > 
  4. 連結財務パフォーマンス

連結財務パフォーマンスExcelダウンロード

※akebonoグループは、日本会計基準を採用しています。

資産、負債および純資産の状況(2018年3月期)

(資産)
流動資産は685億円と前期末比73億円の減少となりました。主な要因は、借入金等の返済などにより現金及び預金を29億円減少させたことや北米において売上債権が減少したことによるものです。
固定資産は1,259億円と前期末比2億円の減少となりました。主な要因は、株価の上昇により投資有価証券が12億円増加した一方で、減損損失15億円の計上により有形固定資産が15億円減少したことによるものです。

(負債)
流動負債は874億円と前期末比68億円の減少となりました。主な要因は、有利子負債が北米を中心に51億円減少したことによるものです。
固定負債は755億円と前期末比28億円の減少となりました。主な要因は、有利子負債が33億円減少したことによるものです。
なお、有利子負債残高(1,097億円)から「現金及び預金」を控除したネット有利子負債残高は970億円と前期と比べ55億円削減しました。

(純資産)
当期末の純資産は315億円と前期末比21億円の増加となりました。主な要因は、親会社株主に帰属する当期純利益8億円の計上により利益剰余金が増加したこと、株価の影響によりその他有価証券評価差額金が8億円増加したこと、為替の影響により為替換算調整勘定が2億円増加したことによるものです。