1. Home > 
  2. 株主・投資家の皆様へ > 
  3. 経営方針 > 
  4. 中期経営計画

中期経営計画

新中期経営計画『akebono New Frontier 30 – 2016』

akebonoは、2018年度を最終年度とする新中期経営計画『akebono New Frontier 30 - 2016』を策定しました。

新中期経営計画は、「北米事業の立て直し」、「製品別事業部制への移行によるグローバルネットワークの確立」、「ハイパフォーマンスブレーキ(高性能量販車用ブレーキ)ビジネスの拡大と欧州事業の新築」を目標に掲げています。これらの目標を達成することにより、健全な財務体質への回復を実現し、持続的成長へとつなげていきます。

akebonoが目指す姿

「曙の理念」に立ち返り、持続的成長に繋げる

akebonoの立ち位置

「曙の理念」に立ち返り、持続的成長に繋げる

akebonoの立ち位置

数値目標

年度別収益・財務目標

  2015
年度
実績
aNF30-2016
2016
年度
2017
年度
2018
年度
売上高 売上高
営業利益 営業利益
親会社株主に帰属する
当期純利益
親会社株主に帰属する当期純利益
自己資本比率 11.6% 12.3% 14.1% 16.6%
ネットD/Eレシオ 4.2X 4.0X 3.5X 2.9X
フリーキャッシュフロー △26 14 20 35

基本方針

1.北米事業の立て直し

施策1 北米の会社基盤の再建
・北米主導によるマネジメント強化と抜本的な組織改革
施策2 コストマネジメント強化
・販売・調達価格の適正化
施策3 生産性改善
・メキシコ工場の活用
・安全、品質、納期の原点に戻り基盤強化
施策1北米の会社基盤の再建

・北米主導によるマネジメント強化と抜本的な組織改革

施策2コストマネジメント強化

・販売・調達価格の適正化

施策3生産性改善

・メキシコ工場の活用
・安全、品質、納期の原点に戻り基盤強化

お客様の信頼を取り戻し、
収益力を回復する

2.製品別事業部制への移行によるグローバルネットワークの確立

製品ごとの収益性を向上させながら
グローバルでの競争力を強化する

  • 営業・開発・調達・生産・生産技術などの機能を振り分ける製品別事業部制の導入
  • 地域ごとのマーケティング機能強化によるグローバルでの戦略策定
  • S+t(標準化+特性)をベースにしたグローバルでの製品戦略の展開
  • グローバル調達活動による合理化の推進
事業部制 対象製品 方針
ハイパフォーマンスブレーキ事業 高性能量販車用ディスクブレーキ、パッド 欧州地域を軸に、さらなる競争力(性能・コスト)を獲得、市場シェア拡大を狙う
ファウンデーションブレーキ事業 ディスクブレーキ、ドラムブレーキなど機構部品 安全・品質の基盤を強化し、グローバルに展開。事業基盤として利益と販売量を確保。
社会インフラ&モビリティ事業 鉄道車両用製品、産業機械用製品、センサー製品 技術の深化・融合による新規ビジネス分野を開拓、売り上げ拡大へ
フリクション事業 ブレーキパッド、ライニングなど摩擦材製品 材料技術、NVH技術などakebonoの強みを深化し、競争力を強化
アフターマーケット事業 ブレーキパッド、ライニングなどの補修品 新興国市場などにおけるニッチマーケットを含め、グローバルで収益を拡大

3.ハイパフォーマンスブレーキビジネスの拡大と欧州新築

●欧州を中心としたハイパフォーマンスブレーキ開発体制の強化
●スロバキア工場でのハイパフォーマンスアルミキャリパーの一貫生産体制の強化

開発方針
差別化、軽量化、高性能化、デザイン性向上、高品質への徹底したこだわり
拡販方針
欧州、特にドイツプレミアムカーメーカー向けで培った技術をベースにハイパフォーマンス製品を開発し他社拡販を狙う
高性能量販車両向け6potキャリパー 高性能量販車両向け10potキャリパー

健全な財務体質への回復

施策1 投資の抑制
設備投資額
186億円
(2015年度実績)
投資総額を
年間150億円以下へ
施策2 SG&A*の削減
国内事業の
販管費率
14.5%
(2015年度実績)
2018年度
12%へ
施策3 開発費の適正化
適用開発中心から
先行開発中心へ
2018年度
開発費

100億円に
施策1投資の抑制

設備投資額
186億円
(2015年度実績)

投資総額を
年間150億円
以下へ

施策2SG&A*の削減

国内事業の
販管費率
14.5%
(2015年度実績)

2018年度
12%へ

施策3開発費の適正化

適用開発中心から
先行開発中心へ

2018年度
開発費
100億円に

*SG&A:販売費及び一般管理費

地域別取り組み

日本

日本

北米

北米

欧州

欧州

アジア

アジア

日本

  • 製品別事業部制へのスムーズな移行
  • 社会インフラ&モビリティ事業でビジネス領域を新規拡大
  • ハイパフォーマンスブレーキ製品のさらなる付加価値の向上
日本

北米

  • 早期の事業基盤再建
  • 利益採算重視の受注
  • 工場規模の適正化
  • メキシコ工場への生産移管と現調化促進
北米

欧州

  • 部材の現調化・内製化促進によるスロバキア工場の早期黒字化
  • ハイパフォーマンスブレーキおよび欧州ブレーキパッドビジネスの拡販
  • 域内生産・開発体制の再構築
欧州

アジア

  • 市場シェア拡大
  • コスト競争力の強化
  • ローカルスタッフの育成
  • 補修品ビジネスの拡販
アジア

詳細は資料「新中期経営計画「akebono New Frontier 30 - 2016」」をご参照ください。