1. Home > 
  2. 株主・投資家の皆様へ > 
  3. 経営方針 > 
  4. 中期経営計画

中期経営計画

中期経営計画『akebono New Frontier 30 - 2016』の進捗状況

2018年度を最終年度とする中期経営計画『akebono New Frontier 30 - 2016(aNF30-2016)』では、「北米事業の立て直し」、「製品別事業部制への移行によるグローバルネットワークの確立」、「ハイパフォーマンスブレーキ(高性能量販車用ブレーキ)ビジネスの拡大と欧州事業の新築」を目標に掲げています。これらの目標を達成することにより、健全な財務体質への回復を実現し、持続的成長へとつなげていく計画です。2年目である2017年度には一定の成果を出すことができましたが、新たな課題も出てきています。これらの課題解決と目標達成に向け、全社一丸となって取り組んでまいります。

akebonoが目指す姿

「曙の理念」に立ち返り、持続的成長につなげる

akebonoの立ち位置

「曙の理念」に立ち返り、持続的成長につなげる

akebonoの立ち位置

基本方針

基本方針 基本方針

数値目標

年度別収益・財務目標

単位 億円

  • 目標
  • 実績
  • 予想
『aNF30-2016』
2016
年度
2017
年度
2018
年度
売上高 売上高
営業利益 営業利益
親会社株主に帰属する
当期純利益
親会社株主に帰属する当期純利益
自己資本比率 12.3%→12.4% 14.1%→13.9% 16.6%→15.3%
ネットD/Eレシオ(倍) 4.0→4.1 3.5→3.6 2.9→3.1
フリー・キャッシュ・フロー 14→△17 20→83 35→70

※2018年度予想為替レート USD:110.0、EUR:130.0、CNY:16.5、THB:3.4、IDR:0.0080

1.北米事業の立て直し

北米事業の立て直しに向けた諸施策を実行した結果、2017年度の北米事業の営業利益は、2016年度に比べ約48億円改善し15億円と、黒字化を達成しました。立て直しの成果は出ているものの、一部のお客様によるセダン系車種生産からの撤退や、生産混乱に起因して次期モデルの受注を逃したことなどにより、今後、数年間は売上高が減少する見通しですが、生産体制の最適化に向けた取り組みは継続してまいります。現地主導で大きな改革を実行したことによる課題も出てきており、米国のマネジメントだけでは対処できない改革フェーズに入ってきたものと考えています。今後の成長を実現するためには、日本のモノづくりをベースとした製造会社という原点に立ち返り、さらに日米間の連携を強化し、北米事業のさらなる改善に向け努力してまいります。

北米事業の立て直し
北米事業の立て直し
  • 生産体制の最適化に向けた取り組みは継続
  • 北米主導の改革を実行したことによる課題の顕在化
    • 日本のモノづくりをベースとした製造会社の原点への立ち返りと日本との連携強化
    • 北米事業のさらなる改善により安定的な収益の確保へ

2.製品別事業部制(BU制)への移行によるグローバルネットワークの確立

製品ごとの収益性を向上させながらグローバルでの競争力を強化することを目的に、それぞれの分野におけるマーケティング、製品開発、生産、販売について責任を持つ、5つのビジネスユニット(BU)を発足させました。BU制への移行はまだ途上ですが、当初計画通り2018年度末までの移行完了を目指し、諸施策を実行しています。現状での大きな課題は、BUと本社機能、BUと海外事業との効率的な連携などですが、本中期経営計画での実現に向けて取り組んでまいります。

ビジネスユニット(BU) 発足 対象製品
HP BU 2016年
1月
高性能量販車用ディスクブレーキ
Foundation BU 2016年
1月
ディスクブレーキ、ドラムブレーキなど機構部品
インフラ&モビリティシステム(AIMS) BU 2016年
4月
産業機械用製品、鉄道車両用製品、センサー製品
Friction Material BU 2016年
10月
ブレーキパッド、ライニングなどの摩擦材製品
補修品 BU 2016年
10月
ブレーキパッド、ライニングなどの補修品
BU
製品別のマーケティング
~開発~生産~販売について、
収支も含めて一貫した事業運営
↔連携
本社機能
次世代製品開発、新規分野での
材料・技術開発、
新規ビジネスモデル構築を担当

3.ハイパフォーマンスブレーキビジネスの拡大と欧州事業の新築

ハイパフォーマンスブレーキ(高性能量販車用ブレーキ)ビジネスについては、計画通りに進行しています。2016年にスロバキア工場で本格的に生産が始まり、2017年には米国のコロンビア工場からのハイパフォーマンスブレーキ製品の生産移管が概ね完了しました。今後、ハイパフォーマンスブレーキビジネスは、欧州に加え北米や日本も含めたグローバル展開に着手する予定です。

  基本方針 akebono の強み
開発方針 差別化、軽量高性能、デザイン性、高品質への徹底したこだわり
  • F1用ブレーキ供給で培った高性能ブレーキ技術、高性能摩擦材技術、高いNVH対応技術(快適性)をベースに、最先端の生産技術を融合し、高性能、高品質を両立
拡販方針 欧州、特にドイツプレミアムカーメーカーグループ向けで培った技術をベースにハイパフォーマンス製品を開発し他社拡販を狙う
  • 高性能6ポットブレーキキャリパーを量産中
  • 世界初の量産10ポットブレーキキャリパーを開発・供給中
  • 技術先進性をアピール
6ポットブレーキキャリパー 10ポットブレーキキャリパー

健全な財務体質への回復

『aNF30-2016』は、3つの基本方針「北米事業の立て直し」、「製品別事業部制への移行によるグローバルネットワークの確立」、「ハイパフォーマンスブレーキビジネスの拡大と欧州事業の新築」を確実に実行し、健全な財務体質への回復を果たしていく計画です。『aNF30-2016』の2年目である2017年度は、計画に沿った進捗となり、設備投資額は116億円と目標額を達成しました。12%を目標としている国内事業の販管費率は、前年度の14.0%に対し2017年度は14.4%となりました。また、開発費の実績は、103億円となりました。従来、適用開発を中心としていた開発費は、先行開発を中心とする分配にシフトし、年間100億円にすることを目標としています。『aNF30-2016』の最終年度である2018年度は引き続き、中期経営計画の各目標の達成に向け、さらにスピードを上げて各施策に取り組んでまいります。

  2016年度実績 2017年度実績
施策1 投資の抑制
総額を年間150億円以下へ
設備
投資額
149億円 116億円
施策2 SG&A の削減
国内事業の販管費率を12% へ
国内事業の
販管費率
14.0% 14.4%
施策3 開発費の適正化
適用開発中心から先行開発中心へ
開発費100億円に
研究
開発費
108億円 103億円

※ SG&A:販売費及び一般管理費