1. Home > 
  2. CSR情報 > 
  3. 環境への取り組み > 
  4. 環境ビジョン

環境への取り組み

環境ビジョン

地球規模の環境保全に努める

akebonoは、地球環境問題を経営の最重要課題のひとつと捉え、地球規模の環境保全に努め、企業としての「社会的責任」を果たすため、より総合的にグローバルな視野で環境保全活動に取り組むことを定めています。

1991年に「リサイクル委員会」、1994年に「地球環境委員会」を設立。2001年に「環境基本理念」および「環境基本方針」を制定し、持続可能な企業活動と、持続可能な社会の実現両立に向けて、グループ全社による取り組みを展開しています。

環境理念・方針

akebonoは、『曙の理念』『akebono 21世紀宣言』のもと、環境への取り組みの指針として『環境基本理念』および『環境基本方針』を制定しました。

環境基本理念

私たちは、曙の理念とakebono 21世紀宣言に基づき、21世紀の社会と環境に貢献する新しい『価値』を提供し続けます。また、地球の一員として地球規模の環境保全に努め、環境と調和した安全で豊かな社会の発展に自主的・継続的に取り組みます。

2001年制定

環境基本方針

  1. 製品の開発・設計段階から安全と環境保全に配慮した取り組みを積極的に行い、環境負荷の少ない技術開発・商品開発を推進します。
  2. 省エネルギー、省資源、廃棄物の削減およびリサイクルの推進など、循環型社会構築のための継続的な環境負荷低減に向けて、全社員一人ひとりが努力します。
  3. 国内、海外を問わず、環境にかかわる法律・規制・協定などは当然のこととして遵守し、さらに自主管理基準を制定して環境管理レベルの向上に努力します。
  4. 私たちの環境保全に関する取り組みがより広く理解されるよう、積極的な情報公開を行い、地域社会との協調を図り、より良い生活環境を実現するために努力します。

2001年制定