1. Home > 
  2. 製品・技術 > 
  3. 製品 > 
  4. 自動車用ブレーキ > 
  5. ディスクブレーキ

製品・技術 メニュー

ディスクブレーキ

ディスクブレーキは、車輪とともに回転するディスクローターを、ブレーキキャリパーに組み込まれたブレーキパッドで両側からはさみ、ブレーキパッドをローターに押しつけることによって制動する(減速・停止させる)ブレーキシステムです。

6ポットオポーズドタイプディスクブレーキキャリパー

ディスクブレーキは、車輪とともに回転するディスクローターを、ブレーキキャリパーに組み込まれたブレーキパッドで両側からはさみ、ブレーキパッドをローターに押しつけることによって制動する(減速・停止させる)ブレーキシステムです。

ディスクブレーキは、車輪とともに回転するディスクローターを、ブレーキキャリパーに組み込まれたブレーキパッドで両側からはさみ、ブレーキパッドをローターに押しつけることによって自動車を制動する(減速・静止させる)ブレーキシステムです。ブレーキパッドをローターに押しつけたときに摩擦力が発生し、その摩擦力によって運動エネルギーが熱エネルギーに変換されます。

  • フローティングタイプディスクブレーキ透視イラスト

主要構造が外部に露出しているため、制動時に発生する熱を効果的に放散することができ、耐フェード性が高い(熱による効きの変化が少ない)という特徴があります。また、ディスクローターに水が付着した場合でもローターの回転で水を弾き飛ばしてしまうため、ウォーターフェード現象(水の介在で効きが大幅に低下する現象)が起こりにくいといったメリットもあり、安定した制動力を得ることができます。
ディスクブレーキは一般的に乗用車に使用されますが、ドラムブレーキが主流の商用車用ブレーキでも、高速走行時のブレーキ安定性やフェード性の良さなどの理由により、ディスクブレーキの採用が増えています。お客様より長寿命、高品質が求められるなか、akebonoの製品はこれらの要求に応え、ディスクブレーキの信頼性向上に貢献できる製品を提供しています。

ディスクブレーキには、ディスクローターの両側にピストンを持つ「オポーズドタイプディスクブレーキ」と、片側だけにピストンを持つ「フローティングタイプディスクブレーキ」と呼ばれるタイプがあります。オポーズドタイプディスクブレーキは対向ピストン型、フローティングタイプディスクブレーキは浮動型や片押し式ディスクブレーキとも呼ばれています。

ディスクブレーキの構造

ブレーキキャリパーに組み込まれたブレーキパッド(摩擦材)を、車輪とともに回転するディスクローター(回転体)に、ピストン(押しつけ機構)で両側から押しつけることによって、ローターの回転を止め、クルマを減速・停止させます。

  • フローティングタイプディスクブレーキ透視イラスト

ディスクブレーキ作動の仕組み

足元のブレーキペダルを踏んだ力は、ブレーキブースター(倍力装置)で力を増し、マスターシリンダーによって液圧(油圧)に変換されます。その圧力は、ブレーキオイル(ブレーキフルード)で満たされている配管を通って伝わり、4つの車輪に装着されたブレーキ内のピストンを押す力となります。ピストンは、摩擦材であるブレーキパッドを、車輪とともに回転するディスクローターに押しつけます。パッドがローターを両側からはさみ、ローターに押しつけられることによって、車輪の回転が止まり、クルマが減速・停止します。

フローティングタイプディスクブレーキ透視イラスト

ディスクブレーキの主要構成部品

フローティングタイプ ディスクブレーキの主要構成部品
フローティングタイプディスクブレーキ透視イラスト

ディスクブレーキには、ディスクローターの両側にピストンを持つ「オポーズドタイプディスクブレーキ」と、片側だけにピストンを持つ「フローティングタイプディスクブレーキ」と呼ばれるタイプがあります。オポーズドタイプディスクブレーキは対向ピストン型、フローティングタイプディスクブレーキは浮動型や片押し式ディスクブレーキとも呼ばれています。

関連コンテンツ

AKEBONO MOTORSPORTS CHALLENGE
akebonoをご紹介します
AKEBONO REPORT 2015
用語集