1. Home > 
  2. 製品・技術 > 
  3. 製品技術 > 
  4. 電動ブレーキ

製品・技術 メニュー

電動ブレーキ

akebonoは、環境対応・安全性向上・車両の電動・電子化対応を目指し、電動ブレーキシステムの開発に取り組んでいます。

電動ブレーキ

akebonoは、環境対応・安全性向上・車両の電動・電子化対応を目指し、電動ブレーキシステムの開発に取り組んでいます。

電動ブレーキシステムとは

運転者の操作からブレーキがかかるまでに動作する装置や、装置間の接続部の中で、電気を動力として動作するものが含まれているシステムです。 電動アクチュエータが搭載されたファウンデーションブレーキは、電動機械式サービスブレーキと電動パーキングブレーキに大別されます。

電動機械式サービスブレーキ

ディスクブレーキパッドをブレーキローターに押しつける機構を油圧式から電動直動式にしたブレーキシステムです。
ブレーキペダルからの電気信号や車両情報をECU(コンピュータ)が判断し、電動アクチュエータを動作してブレーキ力をコントロールします。

電動パーキングブレーキ

サービスブレーキは従来の油圧式のまま、パーキングブレーキ(駐車ブレーキ)機構のみを電動直動式にしたブレーキシステムです。

電動ブレーキの特長

電動機械式サービスブレーキ

  • ブレーキフルードが廃止できるため、環境負荷の低減や、車両への組み付け性改善を図ることができます。
  • ブレーキ配管やエンジンルーム内の油圧装置が廃止できるため、車両設計の自由度向上や衝突安全性能の向上を図ることができます。
  • ブレーキの制御性が向上するため、ブレーキ応答性の向上による車両安定性向上、引き摺り低減、NVHへの対応幅拡大が見込まれます。

電動パーキングブレーキ

  • 操作に力が必要となる従来のパーキングレバーに代わり、スイッチ操作によってパーキングブレーキを操作することができるため、ドライバーの運転負荷が軽減します。
  • 自動機能により、ブレーキのかけ忘れ防止や戻し忘れ防止、自動ブレーキ後の自動駐車も可能となる為、安全性や快適性が向上します。
  • また、パーキングレバーやケーブルが不要となる為、車両や運転席周りのデザインや設計の自由度が増します。

akebonoは、電動機械式サービスブレーキ、電動パーキングブレーキの量産化を目指し、日々開発に取り組んでいます。

ディスク型電動パーキングブレーキの一例

高性能車両用オポーズドタイプ電動パーキングブレーキ(プロトタイプ)

電動ブレーキ

関連コンテンツ

AKEBONO MOTORSPORTS CHALLENGE
akebonoをご紹介します
AKEBONO REPORT 2015
用語集